TOEICのテクニック

TOEIC 500点レベルの勉強法、そして試験当日の裏技をご説明します。

TOEIC 500点レベルの勉強法

いよいよ、多くの企業で昇進基準となっている、600 点の壁に挑戦します。
しかしこのステップ、驚くほど簡単です。

500 点を超えたあなたは、すでに英語のベースができ始めています。
リスニングもリーディングも、ちゃんと英語を把握した上で、知っている語彙や表現の問題は解けるし、知らないと解けない、という感じです。

ちゃんと英語が聞こえる、読める、このレベルになると、テクニックを駆使して、知らない問題も解くことが可能です。

ここでは英語力そのものではなく、一度 TOEIC のテクニカルを身につけてください。


勉強法

まずはベースになるのが、タイムマネジメントです。
時間配分の基本を、しっかりと身につけてください。

その上で、以下の 2 つの参考書を徹底的にやりこみます。

新TOEICテスト 直前の技術

大手企業の TOEIC 対策講師として圧倒的な実績を誇る、ロバート・ヒルキ先生の名著です。
TOEIC のスコアアップを目指す上で、これだけは絶対に必須と言えるほどの本です。
これを、問題を解きながら 1 回、復習で 1 回読むと、一気に 600 点レベルに上がりました。

新TOEICテスト「直前」模試3回分

ロバート・ヒルキ先生のテクニック、実践トレーニングです。
ここまでやれば完璧です。


テスト当日の心得

タイムマネジメントは本サイトを参考に、あとはロバート・ヒルキ先生のテクニックを全開に発揮して受験してください。

Part 1 : そろそろ、パターン化された言い回しを覚えてきたはずなので、消去法で確実に取る。
Part 2 : ヒルキ先生の言う通りに実践するパート。
Part 3 : ヒルキ先生のテクニックの中の、「先読み」だけはしっかり実践する。
Part 4 : Part 3 と同じく、「先読み」で最後までやりきる。
Part 5 : ヒルキ先生の言う通りに実践するパート。
Part 6 : Part 5 と同じ要領で解く。
Part 7 : 1 問 1 分ルールを守り、最後まで解ききる。