TOEICのテクニック

TOEIC 300点レベルの勉強法、そして試験当日の裏技をご説明します。

TOEIC 300点レベルの勉強法

TOEIC 300 点レベルは、まだ英語というもの自体がわかっていない時です。
知っている単語がたまたま出てきたらそれをマーク、という解法くらいしかできません。

この時点で時間配分やテクニックを磨くのはまだ早く、全然使いこなせずに終わってしまいます。
まずは、英語を理解することから始めましょう。


勉強法

身につけるのは文法で、キーワードは「中学英語」。
中学レベルの英語で、文法のほとんどはカバーされていると言われており、TOEIC もコミュニケーションも、中学レベルの英語があれば十分だとされています。

しかし、中学の時の英語の授業、わかりにくかったですよね・・・
受験を意識して、理屈ばっかり詰め込まれている感じでした。

以下は、ある英会話学校の社長が勧めてくれた本です。

中学英語の基本と仕組みがよーくわかる本

古い本なのですが、学問とは違った見方で、「英語ってこういうものなんだよ」と教えてくれます。
けっこう目からウロコで、英語に対する拒否反応が薄まります。

そしてもう 1 つ、TOEIC 向けに文法を復習するための本をご紹介します。

新TOEICテスト中学英文法で600点!

アルクの 「 新 TOEIC テスト 」 シリーズは秀逸で、最後までお世話になります。
これはその中でも最初に読むべき本で、これを 2 回くらい繰り返し読むだけで、50 点くらいは上がりました。

500 点いくまでは、テスト前に毎回読み返していたほどの、実用的な書です。

あとは、やっぱり語彙力。

新TOEIC TEST英単語出るとこだけ!

この本は、TOEIC のパート別に頻出単語をまとめてある、数少ない単語帳です。
語数は少ないのですが、スコアに直結します。

300 点レベルであれば、まずは英語に慣れるために CD を聞き流すところから。
600 点レベルくらいまでに少しずつ覚える、というくらいで良いので、気軽に始めてください。

ちなみに私も、努力せずに〜、速読速聴、誰でも簡単に〜、DS英語漬け、などの系統にずいぶんお金を使いましたが、一切効果が感じられなかったことを補足しておきます。


テスト当日の心得

まだテクニックやタイムマネジメントは役に立ちません。
テストに慣れるつもりで、気楽に受けてください。
上記の本を繰り返し読み、何度かテストを受ければ、すぐに 400 点台に行くはずです。

Part 1 : 写真に写っているものが素直に出るので、単語と写真が一致したらマーク。
Part 2 : Where なら場所、When なら時間、最初の 1 語を全力で聴き取り、選択肢を選ぶ。
Part 3 : 数字を選ぶだけの問題など、選択肢が少ないものに絞って解く。
Part 4 : Part 3 と同じく、捨てるものは潔く捨てる。
Part 5 : 空所の前後だけを見て、品詞を頼りに答えていく。
Part 6 : 全部 D にマークし、長文に時間をまわす。
Part 7 : 読み始めて、全くわからないのはパス。 知っている単語が多いものや図表ものを解く。