TOEICのテクニック

TOEICは制限時間配分とテクニックで100点伸びる!

TOEICのレベル別に、勉強法と制限時間配分、当日のテクニックをご紹介します。

TOEICのレベル別に、勉強法と制限時間配分、当日のテクニックをご紹介します。



CONCEPT


【 TOEIC のテクニック 】 は、英語が苦手な人のためのサイトです。

英語の勉強が大嫌いだけど、それでも英語力を身につけたいという方のために、英語が苦手な人の視点から TOEIC 対策を行っていきます。

とにかく TOEIC の点数がほしい!
英語力なんか、後からついてくる!


そんな私と同じような考えを持った方々を応援します。


MENU


TOEICスコアの目安

何をするにも、まず一番にやることは、 「現状把握」 と 「目標設定」 です。
TOEIC のスコアと一般的な使われ方を見ながら、目標を明確にしてください。


TOEICパート別基本戦術

ご存知の通り、TOEIC は part.1 〜 part.7 の7 つで構成されています。
この 7 つのパートの基本戦術を、今一度確認しておきましょう。


TOEIC時間配分の極意

TOEIC は時間との戦いです。
まずはレベルによらず、タイムマネジメントの方法をしっかりと身につけてください。


300点レベルの勉強法

300 点レベルにとっては、英語もフランス語も大差ありません。
まずは英語って何?から学ぶこと。 これだけで 400 点が見えてきます。


400点レベルの勉強法

500 点の大台を超えるには、英語にそこそこ慣れることが必要です。
慣れるという作業には時間がかかるので、モチベーションを保つことが一番大切なポイントです。


500点レベルの勉強法

このくらいになると、単語の意味がわからなくても、英語が聞こえるし、読めるようになります。
このレベルになって初めて使いこなせる、様々な裏技があるんです。


600点レベルの勉強法

実用的な英語の入り口と言われるスコアで、ここからはテスト対策よりも、英語力が必要です。
シャドーイング、ディクテーションといった、実践的なトレーニングが効果的です。


700点レベルの勉強法

このレベルになると、スコアを問われることは無くなり、TOEIC 対策は自己満になってしまいます。
ベースはしっかりできたので、英会話にシフトして、本当の英語力を身につけていきましょう。




そもそも私自身、学生の頃は 1 限目が英語だと学校をサボるような生徒でした。

就職してから初めて受けた TOEIC は、300 点そこそこ・・・

知人に、 「リスニングとリーディング、どっちの点数?」 と真顔で聞かれました。

TOEIC は 3 択 〜 4 択なので、ぜんぶ A とかやってもこのくらいの点数ですよね。
英語が苦手な人は、みんなこのくらいがスタートだと思います。


そんな私が、英語力を身につけたいと一念発起してから約 2 年。
今では会社の昇進ボーダーも大きく超え、「そこそこできる人」 の仲間入りをしています。

英語が得意な人が書いた参考書は、全然入ってこないと思いませんか?

英語ができない気持ちがわかるからこそ、できるアドバイスがあるんです。


このサイトは、私が英語を学ぶ上で役に立った勉強法、知人の体験談などを元に、スコアレベル別の TOEIC 対策をまとめたものです。

TOEIC に特化したテクニック も含め、とにかく英語が苦手な人でも高得点を取るためのノウハウを詰め込みました。

私と同じように辛い思いをしている方々の一助になれば幸いです。